簡単に歯を白くする方法を一覧にして紹介します!

 

歯を白くしたいと思って、色々と調べてはみたものの、
何から手を付けたらよいかわからない。

 

そんなアナタに「歯を白くする方法」を一覧でまとめて紹介したいと思います。

 

歯を白くする方法のまとめ!簡単に出来るものから試してみよう!

 

歯を白くするコツは、簡単に出来る物から試していき、
効果が出ればそのままホームホワイトニングを続けて行く事。

 

もし、今試している「歯のホワイトニング」において
全く歯が白くならないようであれば、
自分に合った「歯のホワイトニング方法」を探していく必要があります。

 

歯の黄ばみの強さは人それぞれとなりますので、
歯磨き粉で白くなる人もいれば、
専門のサロンでケアをする必要がある人もいるわけですね。

 

 

それでは、以下をご覧になって、
自分にあう「歯を白くする方法」を見つけるキッカケにしていただければと思います。

 

 

ホワイトニング専用の歯磨き粉

 

まず最初に試していただきたいのは、やはり「歯磨き粉」です。
もちろんですが、「黄ばみ」や「くすみ」を落としてくれる
ホワイトニング専用の歯磨き粉です。

 

ホワイトニング専用の歯磨き粉には、
色素を分解する成分や、研磨剤が配合されている場合が多く、
歯についてしまった黄ばみ等の着色(ステイン)を落としてくれます。

 

また、汚れを落とすのと同時に、
ツヤを出す効果を与える歯磨き粉も多いため、
歯が白くなったと実感しやすいのも特徴と言えます。

 

 

最近の傾向としては、歯を白くするだけでなく、

 

  • 歯肉炎
  • 虫歯
  • 口臭

 

を予防するなど、

 

お口のトータルケアをする歯磨き粉が多く販売されているので、
ご自身の悩みにあった歯磨き粉を選ぶのもポイントになります。

 

 

 

 

 

 

歯のホワイトニングサロンの利用

 

少々料金は高くなってはしまうものの、
専門知識を持った人に歯を
安全に白くしてもらえる事が最大のメリットとなる
歯のホワイトニングサロン。

 

サロンによって、料金体系や施術内容が異なってはくるものの、
歯を白くする効果についてはある程度保証されているものとなりますので、
○日までに歯を白くしたい!等の即効性を求める方にはオススメ。

 

 

ただし、歯をしっかりと白くする分、
痛みをともなう場合もありますので、十分に注意が必要です。
特に「虫歯」等があった場合には痛む可能性もあります。

 

従いまして、歯の状態を一度歯医者でチェックしてもらってから、
サロンにてホワイトニングを行ってもらうのも一つの方法になるかと思います。

 

歯を治療中の場合には、一度相談をしてからホワイトニングを行うのが良いでしょう。

 

 

また、施術後は永遠に歯が白いままになるわけではありませんので、
白いままの歯を維持しようと思うと、定期的に通う必要があります。
そのため、歯磨き粉などのセルフケアと比較すると、料金は高めといえます。

 

全てのホワイトニングサロンに共通するわけではありませんが、
医療機関では無いため「保険」等の適用はありません。

 

 

歯を白くする方法のまとめ!簡単に出来るものから試してみよう!記事一覧

こちらのページでは歯を白くする為のホワイトニング専用「歯磨き粉」のオススメの商品を紹介します。また、歯磨き粉の選び方についても紹介させてもらいますので、どの歯磨き粉を購入しようか迷われている方は参考にしてください。歯磨き粉の選び方歯磨き粉を選ぶ際に気を付けたいポイントは、続けやすい価格である事ホワイトニングの効果が期待出来る事の2つに尽きます。例えば、ホワイトパールと言う歯磨き粉の場合、通常購入価...

ホワイトニング専用の歯磨き粉で、白さに満足できなかった方、さらに1トーン白さをアップさせたい方は、歯磨きの後にホワイトニングケア商品をプラス。歯磨き粉で落ちきれなかったステインを浮き上がらせることができます。ホワイトニング商品の使い方歯磨き粉のように、歯とはぐきをブラッシングして汚れを落とすというものではありませんのでまずは、歯磨き粉で全体の汚れを落としておきます。アフターケアのホワイトニング商品...

昔は6万円〜10万円が主流だったホワイトニングも最近では、5千円〜2万円が主流になりヘアサロンに通うように利用できるようになりました。こちらのページでは、そんな歯を白くすることに特化したオススメのホワイトニング専門サロンをご紹介します。ホワイトニング専門サロンの選び方ホワイトニングにも、サロンによって薬液が異なりますので、時間や施術方法はさまざま。最新のホワイトニングは、知覚過敏の方でもしみにくく...

ドラッグストアやスーパーでも購入する事が出来る、比較的安価な市販のホワイトニング用「歯磨き粉」を販売価格と内容量にて紹介します。個人的な印象では、安価な価格にて販売されている市販のホワイトニング用の歯磨き粉については、歯が白くなる効果については気休め程度のような気もしますので、私自身は現在、全く使っていませんけど、「APAGARD(アパガード)」が有名どころかと思います。出来る事ならホワイトニング...

自宅でのホワイトニングは、市販されているお手軽なものから順番に紹介すると、毎日少しずつ歯垢を掻き出す歯磨き粉着色汚れを防ぐマウスウォッシュ浸透力が高く歯垢を浮かせて除去するジェルタイプ有効成分を歯に密着させてくすみを除去するシートタイプ有効成分を塗りLEDランプを当て、より有効成分を浸透させる照射タイプがあります。その他、ホワイトニング専門サロンや審美歯科で歯型をとり、ホワイトニング剤を購入するホ...

ここでは、膨大な種類がある歯磨き粉の選び方を目的別に紹介したいと思います。歯周病が気になる方は(歯槽膿漏・歯肉炎・出血)歯と歯肉の間には1〜2ミリ空いている「歯肉溝」があり、そこに細菌が繁殖すると境目が深くなり「歯周ポケット」と呼ばれる状態に。歯周ポケットが進行すると、歯ぐきが歯を支えられなくなるので、ぐらつくようになります。そして、最終的には抜歯ということに。進行した歯周病は、歯だけでなく、健康...

歯のホワイトニングをホームケアで行う方法をご存知でしょうか?自分の歯型にあうマウスピースをデンタルクリニックで作成してもらうことで、自宅で歯のホワイトニングを行う事(ホームケア)が出来ます。歯を白くする為の薬剤を自分でいれて、デンタルクリニックで作成してもらったマウスピースを口にはめる事で歯を白くするのです。もちろん自分でホワイトニングを行うため、リスクは多少なりともありますが、金額面で見ればホワ...

歯のホワイトニングを行っている治療院の流れが雑誌に掲載されていたので、自分なりに情報を簡潔にして、治療院、歯医者に通って「白い歯になるための流れ」をまとめてみたいと思います。▼歯を白くする流れ▼エアフロー・歯ブラシを使って歯を掃除する歯茎が傷つかないように保護ジェルを塗るホワイトニングの薬剤を歯に塗る約20〜30分しみこませたのち、しっかりと洗浄する歯の白さをツールを使ってチェック歯のホワイトニン...